株式会社ウーオ

News

石川県漁業協同組合と提携し、 石川県産の鮮魚を全国の食品スーパーへ販売開始

2020.11.13プレスリリース

株式会社 ウーオ(本社:広島県広島市 代表取締役社長 : 板倉一智)は、10月より石川県漁業協同組合と提携し

石川県沖で漁獲される甘エビ、カレイ、スルメイカ、アワビ、サザエ、ブリ、ズワイガニ等々の魚種の取扱を開始したことをお知らせいたします。

関西、北陸、中部、関東圏へは、最短で水揚げ翌日に高鮮度の魚を届けることが可能です。

今回の提携で、ウーオが取り扱う産地は、宮城、静岡、京都、兵庫、鳥取、島根、山口、徳島、愛媛、高知、長崎に石川を加えた12県になります。

石川県沖は、暖流と寒流が交わる漁場であり、能登半島にぶつかって渦流が発生し、回遊魚が滞留する好漁場です。

また、底質・地形の異なる4海域があることで、多種多様な魚介類が漁獲されることが特徴です。

また、流通小売に対して、石川県沖の鮮魚を案内することで、全国の食品スーパーへの販売が可能となりました。

記事一覧に戻る